「田中さん、ウィークエンドプレーヤーに欠けているのは、結局・・・“守る力”ですよね?」

年齢52歳。男性。とある市の大会で、常に上位に入るウィークエンドプレーヤー。その方は、私の顔を見るなり言いました。

衝動的に言い返したい気持ちが生まれました。ですが、年齢的には先輩にあたる方。「テニスは、結局・・・の一言では片付けられないスポーツです!」という言葉は、“グッ”と喉の奥に押し込みました。

ただ、その方の言わんとしていることも理解はできます。

「攻撃一辺倒ではダメ。攻めも必要だが、守りも大切。そして、一般的に攻撃力の弱いウィ―クエンドプレーヤーは、守る力が強いと有利に働くことが多い!」

この様な趣旨を、私に伝えたかったのでしょう。

この論理は、確かにあります。攻めと守りは表裏一体。攻め上手な方でも、裏側の“守り”が弱いことで、結果を出せないこともあるからです。

先日も、「瞬間直し(R)実践会」の会員様のお一人が、お電話で教えてくださいました。

「若手の実力派プレーヤーに勝ちまくっています。彼らは、攻めは強いのですが、守りが今一。そこをついたら、一気に勝てるようになってしまったのです。」

さらに言えば・・・・・

「ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、マレー等の世界トップ選手の“守り”は、ずば抜けて凄い!」

錦織圭選手は、このように発言しています。

「世界トップ選手は攻撃力が凄い!」と多くの方が思っている所、錦織圭選手は間逆の“ディフェンス力”を高評価。これには、「さすがだなぁ!」と思うのと同時に、「この感覚は、戦(いくさ)に置き換えればわかりやすい!」とも感じました。

戦は、相手を攻めて陥落させることを目指します。ただ、敵も攻めてきますので、自軍の城をしっかり守ることも重要。つまり、攻守のバランスが取れていなければ、いくら攻めが凄くても、負けてしまうわけです。

そして、この論理を感覚的に悟っているのが、世界トッププレーヤー達。しっかりと“自分の陣地”を守りながらも、攻撃に出向く。このバランスが上手く取れているからこそ、常に勝利を手にしてきています。あなたも・・・・・

・「あれっ? 特別、攻められている感じはしないのに、いつのまにか負けていた。なぜだ?」・「うわっ、やられた! あのボールを、ここに返されたらしょうがない。さすがだな。」・「サービスで押していたはずなのに、相手のリターンがうまくて優位性が消された!」・「リターンを沈めたのに、なんて軽やかなファーストボレーで返球してくるんだ!」

こんな思いを、“守り”の固い相手と対戦した時、お感じなったことがあるのではないでしょうか?

そうです。上手い人の奥深い強さの秘訣である、“守り”。テニス通であるあなたであれば、その真の強さをご存知のはずです。

ただ・・・・・ “守り”というと、誤解される方も少なからずいます。「ナダル選手のような、もの凄いフィジカル能力が必要なのでは?」 こんな想像をされるのです。

確かに、ナダル選手のようなフィジカル能力があれば最高でしょう。ですが、それほど凄いフィジカル能力を身につけることが、今から出来るでしょうか? 例え身につけられたとしても、今から数十年間のトレーニングは最低限必要になるのでは?

ということは、ナダル選手のようなフィジカル能力を身につけるのは、目指す気概は必要ながら、近々に身につけることは不可能なわけです。

“ウィークエンドプレーヤーが“守る”現実的なテニスコートの広さとは?

「我々がテ二スコート上で動く距離は、ほとんどが4メートル以下!」
*(長くても、6メートル以下です。)

統計学的に見ると、これが現実的な数字。真実です。つまり、世界トップ選手のように、コートの端から端まで走り回り、そこから信じられないようなショットを打ち逆襲する。

このような展開は、ウィークエンドプレーヤーのテニスにはほとんど訪れないことが読み取れます。(今の私にも訪れません。訪れても、現役時代とは違いますから、今や対処できません。)

ということは、あなたが守るべきコートの広さは、基本的に縦横4メ―トル四方となるわけです。(ダブルスでは、その半分以下。)

実際に、思い浮かべてください。あなたは今、ベースライン上のセンターマークの上に立っています。(シングルスで、サービスを打つ場所付近です。)その場所から、縦横4メートル。これが、現実的にあなたが“守る”範囲なわけです。(シングルス)

さらに言えば、バックフェンスに向かって下がるシチュエーションは、相手からのもの凄く遅くて深いボール、即ち、高いロブを追う時くらいしかないのです。ということは、あなたが意識高く“守る”べき場所は・・・・・

1・フォアハンド側4メートル。2・バックハンド側4メートル。3・ネット方向に4メートル。

たったこれだけとなります。(シングルスの場合)

*(もちろん、ドロップショットなどを打たれた場合は、その限りではありません。が、試合中、全てのボールをドロップショットされることは、まずありません。そのため、確率論的に消去してお話しを続けます。)

このように考えると、「あれ、意外と守る場所って小さいなぁ。」、「4メートル四方を確実に守れば、相手は攻める場所がなくなるのでは?」との期待が湧いてくるのではないでしょうか?

「4メートル四方を越えたところに、常に相手が打ってきたら?」byあなた

もちろん慎重なあなたは、こんな心配も尽きないことでしょう。ですが、ご安心ください。4メートル四方を超える場所を常に攻撃するということは、恐ろしいリスクを背負った攻撃となるのです。そのため・・・・・

「相手のミスが劇的に増え、あなたが何もしなくてもポイントを重ねることに成功します!」

(よほど高いテニスレベルの方であれば、4メートル四方を超えた場所に打ち続けても、ミスしないかもしれません。ですが、そのプレーが出来るレベルは、世界トップ選手だけです。)

返球率を今までの2~4倍高め(弊社テスト結果参考)、無駄なポイントを与えないウィ―クエンドプレーヤーになるために必要なものとは?」

たくさんファクターはあります。ですが、絞り込んでいくと以下の4つ“守り”が最重要となります。

1・「コートど真ん中に落ちた、扱いの難しいボールを最適に処理すること!」2・「サイドに打たれた時、“涼しい顔”で返球するためのフットワークを手に入れること!」3・「“守り”の第一歩である、リターンを効率良く打つこと!」4・「“守り”のファーストボレーを、マスターすること!」

それぞれ、詳しくご説明いたします。

1・「コートど真ん中に落ちた、扱いの難しいボールを最適に処理する!」

「コートど真ん中に落ちたボールの処理を最適化!」ここに、意識を注力されている方は極わずか。ですが、「瞬間直し(R)実践会」会員様が実現した通り、若手実力派プレーヤーが撃沈するほどの威力を秘めた場所であることも、確かなのです。つまり、コートど真ん中のボールの処理を誤ると、無駄なポイントを与え過ぎ、試合に負けてしまう危険性が大変高くなるのです。

2・「サイドに打たれた時に、“涼しい顔” で返球するためのフットワーク術!」

サイドに振られたボール。このボールの処理には、多くのウィークエンドプレーヤーが四苦八苦されています。なぜなら、サイドに振られたボールを効率良く処理するには、いくつかの種類のフットワークを身につけなければ不可能であることがわかっているからです。(私も、練習してマスターしました。)逆に言えば、このフットワークを身につけることで、今までの2~4倍も返球率を上げることも可能なのです。(弊社テスト結果参考)

3・「“守り”の第一歩である、リターンを効率良く打つこと!」

「相手のサービスを効果的に返球できなければ、いいようにやられてしまう!」これが、厳しい現実。なぜなら、サービスは攻撃の第一歩だからです。すると・・・・・「リターンは、“守り”の第一歩ということに!」リターンを効率よく打つことで、始めの“守り”が成功するのです。

4・「“守り”のファーストボレーを、マスターすること!」

ファーストボレーは、攻撃的に見られるショットです。確かに、前進してネット近くで打つので、ポジション的には攻撃色が強くなります。ただ、相手のリターンが良ければ、瞬時に“守り”のショットに早変わりするのもファーストボレーの特色。そのため、“守り”のファーストボレーが打てなければ、正しい機能は果たせなくなってしまうわけです。

ご紹介した4つの“守り”。ここが万全になれば、返球率を今までの2~4倍に上げ(弊社テスト結果参考)、無駄なポイントを与えないウィ―クエンドプレーヤーに変身することは難しいことではありません。そこで、4つの“守り”を確実にマスターするプロジェクトを立ち上げます。

「名付けて、“牛若丸プロジェクト”。」

“牛若丸”は、身のこなしの良さで有名です。“ヒラリ”と体をひるがえし、相手からの攻撃をかわす。そして、何事もなかったように反撃。それは、相手に攻められているのに、攻められていないように返球し続けられるフェデラー選手のようです。

「牛若丸? ヒラリと体をひるがえす? フェデラー選手? 田中さん、そんな芸当、40歳過ぎのウィ―クエンドプレーヤーに出来ませんよ。」byあなた

「はい。理解しています。私も40歳を過ぎていますから。(笑) あなたのお気持ちは痛いほどわかります。ですから、心配しないでください。“牛若丸”は、イメージであり、{橋の手すりに跳び上がってください。}とは、間違っても申し上げません。もっと簡単に、4つの“守り”を身につけて頂きます。」

「なるほど、安心しました。それで、何をすれば良いのですか?」byあなた

はい。それは・・・・・

40歳以降のウィ―クエンドプレーヤーが、無駄なポイントを失わずに済むようになるための、“牛若丸プロジェクト”の全貌とは?

■第89巻 「微妙な距離のボールを確実にポイントにつなげる方法!」

一番初めに、このDVDを見てください。なぜなら・・・・・

「正しい知識さえあれば、テニスって劇的に上達することが可能だ!」byあなた

このように、心の底からあなたが感じるからです。どれくらい劇的に上達するかというと、

「テクニックを全くいじらず、今まで落とし続けてきたポイントを、反対にほとんど取れるくらいにです!」

「そんなバカな。私だって、テニスを“そこそこ”やってきました。そんな奇跡みたいなことが起こるわけありません。」byあなた

疑われても仕方はありません。ですから、「私を信じてください。」とは言いません。その代わりに、このDVDをあなたの目で見てもらいたいのです。

あなたと同じウィークエンドプレーヤーの方が登場し、

「今まで、散々、コートど真ん中のボールをミスしてきました。ですから今では、コートの後ろで粘りに粘って勝つようにしています。」

こんな悲観的なコメントを寄せていた次の瞬間・・・・・

「えっ? これって相手をしているコーチが、手を抜いてくれているからポイントを取れているんですよね?」

思わずこんなコメントを口にしているのが、このDVDだからです。

もちろん、「なぜ、こんな奇跡を簡単に起こせたのか?」は、田中がキッチリ説明。そして、自らもコートど真ん中に来たボールを、信じられない確率でポイントに結びつけている映像をお見せします。

ここまで見てくだされば、「初めにこのDVDを観てください!」と、私が願った趣旨をご理解くださることでしょう。そして・・・・・

「田中さん。あなたのお陰でテニスがますます好きになりました! そして、なぜこのDVDが“牛若丸プロジェクト”に選出されたのがわかりました!」

こんなコメントをあなたから頂くことも不可能ではないと思っています。

■第74巻 「“球際”のボールの返球率を今までの2~4倍にする方法!」 1.“球際”のボールの返球率を上げる3つのポイント 2.“球際”のボールの返球率を上げるための練習法 3.“球際”のボールに威力を与えて返球するコツ

このDVDに収められているテクニックは、「瞬間直し(R)実践会」会員様限定セミナーにてお披露目したもの。その人気は凄まじく、「再度、セミナーを行って欲しい!」とのリクエストを頂くものです。

「人気の理由ですか?」

「横に振られたボールをうまく返球するために、これほど体系立てて作りこまれたメソッドは見た事がない!」byご参加された会員様

こんな高評価をいただいているからです。

1・横に振られた時の、テイクバックの仕方。2・横に振られた時の、3つのステップワーク。3・横に振られた時の、体勢作り。4・返球するだけでなく、相手に攻め込まれないようにするため、ボールの質を高める。

これらを、フォアハンド、バックハンド、スピン、スライスで完全体現しているのが、このDVD。正直、この内容は生涯楽しめるものだと思います。なぜなら、たった一つマスターするだけでも大きく返球率が変わる。焦らず、ジックリ一つずつマスターしていけば、やがて大きな成果があなたの体に宿ることがわかっているからです。一生、あなたのそばに置いてください。

■第71巻 「リターンからのポイント取得 “最大化計画”!」 ~ポイントが転がり込むリターン術の数々 & ダブルスとシングルスのリターンの違い~ 1.一目でわかるシングルスとダブルスのリターンの明確な違いとは? 2.フォア? バック? 苦手なショットのリターンミスを減らす方法 3.プロが使っている必殺のリターンテクニックとは? 4.緊張したときに狙うリターンコースとは?

リターンは“守り”のショット。ならば、徹底的にリターンを強化。“究極の守備を獲得”してもらうのが、このDVDの役目となります。

但し、普通のリターン強化DVDではありません。ポイント取得“最大化計画”と名打ってある通り、物凄く実戦的な内容。

1・シングルスとダブルスで打つリターンの、最大の違い。2・苦手なリターンを打たないことで、効率的に返球する方法。3・プロが使うリターンテクニックを、ご紹介。4・あなたの特性を生かした、リターンテクニックの習得。

つまり、他のウィークエンドプレーヤーが持っていないリターンを身につけて頂く。これが、このDVDの目的でもあるのです。

あなたはこのDVDをご覧になることで、今までとは全く違う“守り”を身につけることになるでしょう。それは、「生まれ変わった!」と感じられても、不思議ではないくらいです。(是非、生まれ変わったあなたの姿を、周りの方に披露してください。)

■第58巻「ファーストボレーを失敗しないための7つの視点!」 1・「グリップチェンジは、一体、どの時点でするべきか?」 2・「ネットに出るとき使う、ステップの注意点とは?」 3・「スプリットステップの正しいやり方と、自宅で出来るスプリットステップ練習法とは?」 4・「ファーストボレーを打つときに一番意識しなければならないこととは?」 5.「理想的なハーフボレーの打ち方とは?」

ファーストボレーは、「攻める。」という認識が強いショット。ですが、リターンの中には、当然、厳しいものもあります。そのため、ファーストボレーが“守り”になることは、以外にも多いのです。

そこで、しっかりした“守り”のファーストボレーを身につけるため、ここでは視点1 ~7に分類し、ファーストボレーの返球率を著しく上昇させることに注力します。

視点1・「ファーストボレーを成功させる、グリップチェンジの仕方とは?」視点2・「ファーストボレーを成功させる、ステップの使い方とは?」視点3・「ファーストボレーを成功させる、スプリットステップとは?」視点4・「ファーストボレーを成功させる、意識の持ち方とは?」視点5・「ファーストボレーを成功させるための、速い球への対処の仕方とは?」視点6・「ファーストボレーを成功させるための、ハーフボレーの打ち方とは?」視点7・「ファーストボレーを成功させるための、自宅練習法とは?」

ご承知でしょうが、ファーストボレーを確実に打てれば、不用意にポイントを取られることは少なくなります。簡単な話しではありますが、現実は難しい。だからこそ、ステップバイステップでマスターしていくことが大切になります。

また、ここでご紹介するスプリットステップのやりかた。これは、非常に斬新なものとなります。そのため、あなたが混乱されないよう、私が映像でしっかりご説明させて頂くことにします。(ご購入者様限定特典となります。)

“牛若丸プロジェクト”で、返球率を2~4倍に上げたウィークエンドプレーヤーの方々のお声です!

それではここで、すでに返球率を2~4倍に上げた、あなたと同じウィークエンドプレーヤーの方々のお声をお聞きください。

※ 効果には個人差がありますことをご理解ください。
image
「攻めていないのに、ポイントが取れてしまう所が凄い!」

「微妙な距離のボールを確実にポイントにつなげる方法!」 このDVDの中にご出演されている上手なウィークエンドプレーヤーの方も、私と同じ悩みで負けていたので、「あぁ、誰もが同じ問題で引っかかっている。」 ということがわかりました。

実際、DVD通りにプレーしてみると、映像の中のウィークエンドプレーヤーの方と同じように、簡単にポイントを取れるように変わりました。そして一番凄いのが、「攻めていないのに、ポイントが取れてしまう!」という所。

もちろん、まだまだ100%とはいきませんが(元々、100%は無理ですよね?)、以前は8割方ミスしていたボールを、今は逆に8割方、相手コートにボールが入っています。ですから、当たり前かもしれませんがポイントも取れるように変化しました。

「これこそ、プロの視点だ! 普通ではわかりっこない。」

このように思うのと同時に、「他のウィークエンドプレーヤーの方には、手に入れて欲しくない。」と、正直な所、願ってしまう自分もいます。

「瞬間直し(R)実践会」会員 J・S様
image
image
「間違いなく、返球率が上がりました!」

私の悩みは、相手に振られた時のミスでした。相手からのエース級のボールであれば諦めもつくのですが、私の場合、ちょっと横に来たボールをミスすることが多かったのです。

「打ち方が悪いからだ。」と仲間に言われていたのですが、今回、球際のボールの返球率を2~4倍上げる方法を見て、「打ち方が悪いのではなかった!」ことを発見しました。(危ないところでした。もう少しで、良い打ち方を直してしまうところでした。)

「足の使い方を教えてくれる方は、あまりいません。しかも詳しく、わかりやすく、“ウィークエンドプレーヤーが出来る範囲”でという条件がつくと、私の周辺では皆無です。」

これが、今の私の感想です。ありがとうございました。間違いなく返球率が上がった自分を実感しています。また、テニスをプレーすることが、益々、好きになれたことにも感謝いたします。

image
image
「リターンが、180度変わりました!」

「何もわかっていなかったなぁ。」

これが、「リターンからのポイント取得“最大化計画”!」を観た時の、ファーストインプレッション。しかし、言い訳に聞こえるかもしれませんが、ウィーエンドプレーヤーの方で、このリターン術を行っている方は、多分、一人もいないので、自分が出来ていなくてもしょうがないかな? なんて思っていました。

ただ、今では私の周りの方は、「A・Mのリターンは、最近、いやらしくなった。サービスキープしづらい。」と言ってくれます。

これもひとえに、このDVDを繰り返し見て、自分にあったリターンテクニックを盗んだからに他なりません。このDVDのリターンテクニックに、自らのアイディアを加えていきます。だから、これからさらにリターンからのポイント取得率を上げられるでしょう。

「瞬間直し(R)実践会」会員 A・M様
image
image
「ファーストボレーが、軽やかに返球できるようになりました!」

ファーストボレーを、軽やかに、そして颯爽に返球。これが、最近の自分です。もちろん、以前は違いました。ファーストボレーは、体が“カチコチ”のミスばかり。

今は、本当に牛若丸になった気分です。 我々、ウィークエンドプレーヤーでも、ジックリ、シッカリ行えば、「難しいなぁ。」と感じていたテクニックが身につきます。この情報を知れて、本当に良かったです。

「瞬間直し(R)実践会」会員 N・B様
image
image
「今回のDVDも大当たり。私が鍛えなければいけない所を、“バシッ”と指摘された気分です。」

今まで、かなり田中さんのDVDを購入してきました。「今度は“外れ”ではないか?」と、毎回、購入するたびに心配するのですが(すいません。)、今まで一度も外れがないのは凄いです。

考えてみれば、「瞬間直し(R)実践会」会員様が、毎月、買われているものか、セミナー等で体験されているわけですから、外れはないですよね。もちろん、今回のDVDも大当たりでした。私が鍛えなければならないのに、逃げてきた部分を、”バシッ”と指摘された気分です。

これから、何度も見直して、今回も克服します。

T・K様
image
「あなたが、“牛若丸プロジェクト“を手に入れた方が良い理由!」

“牛若丸プロジェクト”にご参加されるあなたは、すでにボールの返球率を著しく改善できることは、決定しています。(実践されなければ、改善は幻となりますが・・・・・)

ただ、色々と疑心暗鬼になることもあるかと存じます。そこで、あなたが“牛若丸プロジェクトを”手に入れた方が良い理由を、ここで聞いてください。

理由1:「テニスになくてはならないものが、“守り”だから!」
photo

あなたの攻撃力が、世界一凄かったとしても、“守り”が必要なことはお分かりだと思います。そして・・・・・

1・コートど真ん中のボール 2・サイドに走らされたボール 3・リターン 4・ファーストボレー

この4つは、あなたの“守り”の礎となるもの。礎は、外すことができないもの。だから、あなたもマスターする意味があるのです。

理由2:「すでに他のウィークエンドプレーヤーの方が、“毒味”を済ませているから!」
photo

“ふぐ”を我々が食べられるようになった歴史を、あなたはご存知のはず。そうです。ふぐを安心して食べられるようになるまでには、多くの方が命を落とされています。言うなれば、“毒味”をしてくださった方がいるからこそ、今、安心して食べられるのです。

“牛若丸メソッドプロジェクト”も、同じ。すでに“毒味”をしてくださった方が、多数存在するのです。つまり・・・・・

「瞬間直し(R)実践会会員様が、効果を感じられたものばかりをお届けする!」

これが、あなたの手にするメソッドとなるわけです。もちろん、会員様の前には、私自身が“毒味”をしています。いわば、ダブルチェックを潜り抜けた後のメソッドを、あなたは手に入れることになるのです。

理由3:「ゆっくりと、あなたのペースで学べるから!」
photo

● 「才能がないと思うのですが、
   そんな私でもマスターすることが出来るでしょうか?」

● 「忙しいのですが、効果を実感できるでしょうか?」

この2つは、非常に多いご質問です。

才能の話で言えば、そもそも私自身が全くない。(笑)そこから、日本プロランキング7位まで昇りつめ、オリンピック強化スタッフ、日本代表コーチに選出されたわけです。

ですから、「才能ないものが上達する方法!」は、私の専売特許のようなもの。ですから、「才能がないと思い込んでいる方にこそ、学んで頂きたい!」このように考えています。

また、お忙しい方でも学べるように・・・・・

● 「ステップバイステップで勉強できる!」

● 「一つのメソッドをマスターしただけでも、効果を実感できる!」

このような作りになっています。ですから、あなたのペースで学ぶ事ができるわけです。

理由4:「手に入りにくい、特別な情報だから!」
photo

「特別とは何でしょう?」

それは、他にはないもの。そのような意味におき、“牛若丸プロジェクト”は、まさに特別。他では決して手に入らない情報が多く収録されています。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

  • コートど真ん中のボールの正しい処理方法を、教えてもらったことがあるでしょうか? しかも、その方法を使えば、今まで失っていたポイントを一瞬で自分のものにできるようになるなんて、まさにアメージングのはずです。(効果には、個人差があることをご理解ください。)
  • 走らされたボールを、ミスせず返球できるフットワークテクニックも、教えられることは少ないでしょう。マスターすれば、今までの2~4倍は確実に返球率が上がるのです。
  • あなたが手にする、リターンテクニックを行うウィ‐クエンドプレーヤーの方を、37年のテニス歴の中で、私は見たことがありません。
  • ファーストボレーを打つまでのテクニックを、7つに分解。ひとつひとつを、完全インストールできるように作りました。加えて、コート外でスプリットステップをマスターするための練習方法も収録。こんなテニス上達DVDを、あなたは見たことがあるでしょうか?
理由5:「一生涯、使えるメソッドだから!」
photo

「このメソッドは、ずっと使えますか? 新しいメソッドが出たら、使えなくなるのが不安です。」

この心配もわかります。技術は、日進月歩。今まで通用していたものが、突如、日の目を浴びなくなることは、世の中ではよくあるからです。

ただ、心配は御無用。このメソッドは、私自身が長年使い続けているもの。なので、少なくとも今まで20年以上は使えているのです。そのような事実からすれば、来年以降、急に使えなくなることはありえないと言えます。

*(もちろん、「来年から、テニスが卓球になります。」なんて衝撃的な事になれば別でしょうが。)

ご安心してお使いください。

理由6:「無料ブラッシュアップセミナーに参加できるから!」(5千円相当分の映像プレゼントです。)
photo

■第58巻「ファーストボレーを失敗しないための7つの視点!」 ここでご紹介するスプリットステップのやりかた。これが、非常に斬新的。そのため、あなたが混乱されないよう、期間限定で「無料ブラッシュアップセミナー!」を開催します。(5千円相当分の映像プレゼント)

そのためあなたは、4枚のDVD+田中からの無料映像解説を手に入れることになります。これであなたは、“守り”に関して、かなりの知識を手に入れることになります。それは、誰もが持てるものではありません。限られた一部の方だけが手に入れられる真実なのです。

*(「無料ブラッシュアップセミナー」の映像は、この後、すぐにダウンロードできるようにしてあります。楽しみにお待ちください。)

無駄なポイントを与えないウィークエンドプレーヤーに変身するための“牛若丸プロジェクト”は、一体、いくらなのか?」

・「コートど真ん中に飛んでくるボール。このボールの最高処理方法を手に入れたお陰で、結果が今までとは全く変わった!」・「相手に振られたボール。これを、今までの2~4倍の確率で返球。周りの仲間が驚いてくれたのが、何よりもうれしかった!」・「リターンを、今までと違う先進的な方法で返球。対戦相手は脅威を感じ、パートナーは喜んでくれた!」・「ファーストボレーを、今までにも増して正確に打てるようになったことで、到達できないと思っていた、“自分より上手い人”の世界を体験できた!」

上記は、あなたが“牛若丸”に変身した後、口ずさむフレ―ズです。それは、想像を超えた素晴らしい体験。言うなれば、私が上達するたびに感じてきたことを、追体験して頂くことになるのです。

そこで、それほど「価値が高い!」“牛若丸プロジェクト”は、32,000円(消費税別・送料弊社負担)でお渡しすることに致します。

*(テニス上達塾の塾生様は、26,000円(消費税別・送料弊社負担)でご購入いただけます。)ご購入の際は、メンバーズサイト よりお申込みください。

「“牛若丸プロジェクト”」を今すぐ購入する。

「365日間全額返金保証をいたします。」

  • 「あなたの目の前で、あなたと同じウィークエンドプレーヤーの方が、文字通り、180度変身する姿を見られます。」
  • 「“ジックリ”取り組めば、結果がついてくることも良くわかる!」こんな声を、あなたから頂くほどのメソッドも、たくさん収録。

ですから、あなただけ効果が出ない事は考えにくいのです。(人によって効果を得られる、時間差はあるとしても。) ただ、それでもあなたが・・・・・

「1年間勉強した。実践も繰り返した。しかし、全く返球率が上がらなかった。」

このようにおっしゃるのであれば、商品到着後365日以内にお申し出くだされば、お支払い頂いた全額を返金させて頂きます。(手数料も負担させて頂きます。)

私のスタンスは一貫しています。この保証は、

  • 「私を信用してくださる、あなたへの敬意です。」
  • 「信用してくださるあなたに対し、一切の心理的ご負担をかけたくない。」

この気持ちを代弁しています。このスタンスに対し、真のご理解を頂けているのであれば、いつものようにご安心してお試しください。

「“牛若丸プロジェクト”」を今すぐ購入する。

先ほどもお話したように、あなたが手に入れるのは、私自身が上達する過程で感じた喜びと極似しています。それは・・・・・

・「どうしても取れなったポイントを、取れるようになったときの喜び!」・「相手から打たれた難しい球を、上手く返球できたときの誇り!」・「考え方と、使い方で、今までより効率良く返球できるようになったリターンへの驚き!」・「憧れのファーストボレーを、格好よく返球できたときの高揚感!」

これらの気持ち。

私は、何もわからない所から37年かけて、これららの気持ちを体験することが出来ました。それは・・・・・ 自ら山を切り開き、自らで線路を引き、ローカル線で“トロトロ”と走り続け、やっと到着したという感じです。

その、気の遠くなるような時間を、あなたは短縮できる立場にいらっしゃいます。言うなれば、

「新幹線に乗るだけで手に入る!」

これほど簡単に得られる場所にいるのが、あなたでもあるのです。

是非、“牛若丸プロジェクト”を観てください。それだけでも、変化されたご自身を感じられるはずですから。

“牛若丸プロジェクト”を見て、あなたが得られる結果を少しだけご覧ください。

ここでは、使用前(ミス) → 使用後(良い結果)の映像を見せています。

実際の映像をご覧になると、もっと驚くことでしょうが、まずはこれだけでも180度結果が変わったことがおわかり頂けると思います。

「“牛若丸プロジェクト”」を今すぐ購入する。

追伸1:「無料ブラッシュアップセミナーにご参加ください!」(5千円相当分の映像プレゼント)

「無料ブラッシュアップセミナー」の映像は、後程、メールにて案内させていただきます。

追伸2:「ご安心ください! 365日間全額返金保証が付いております。」

あなたのご不安を、完全に取り除くための保証です。ご安心の上、お申し込みください。

「“牛若丸プロジェクト”」を今すぐ購入する。
「最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。あなたのテニスが、“牛若丸”のように洗練される事を、心から願っております。」 田中信弥
PAGETOP
dummy dummy dummy dummy