「あなたの代わりに行いました!」

立っているだけでも、脇の下から“ジワァ~”と汗をかいた梅雨。35度をゆうに超え、顔が焼けどしたかのように真っ赤になった夏。手がかじかみ、正確なボール出しが困難だった冬。そんな辛い日々でさえ、

「ウィークエンドプレーヤーの方が、今までよりもっと効率良くもっと簡単にダブルスで勝てる方法はないだろうか?」

この問いに答えを出すために検証を続けました。

もちろん、手伝ってくれたのはウィ―クエンドプレーヤーの方々。嫌な顔ひとつせず、来る日も来る日もダブルスの練習を行いながら検証につきあってくれました。(感謝です。)

その期間、約2年。やっと生まれたのが・・・・・

  • 「センターを抜かれない方法!」
  • 「相手が打ってくる場所から導き出した前衛の守り方!」(ロブをのぞく)
  • 「相手が打ってくる場所から導き出したポジショニング!」(ロブをのぞく)
  • 「ボレーヤーに決められないためのショット!」
  • 「アングルボレーのミスを減産させる方法!」

この理想世界です。

ボールの飛ぶ範囲がわかる。ポジショニングの迷いがなくなる。ミスが少なくなる。かなり、魅力的な世界ですよね? ただ、だからと言って、「このメソッドは全てのボールをカバーできる。」とは断言しません。

  • 「相手のテニスレベルが異様に高い。」
  • 「空間を、ありえないくらい上手く使われた。(ロブを含む)」
  • 「パートナーとの連携ミスで上手く機能しなかった。」

このような場面が、ときおりテニスには訪れるからです。ですが、そのような場面。あなたのテニス人生でどれくらい訪れるでしょう? あなたの対戦相手が・・・・・

  • 「毎回、フェデラーと同じレベルだ。」
  • 「コートの外から打ってくる“ポール回し”を、全ポイントで打たれた。」

(ポール回し = ネットポストの外側からボールを打ち、コートの中に入れるスーパーショット)

こんな仕打ちをしてくることは、常識的に考えてもありえません。ということは、

  • 「ボールが飛んでくる場所の80%以上を特定。慌てて動く必要がなくなった!」
  • 「相手が打ってくる場所に先回り。楽にボレーができるようになり、ミスが減!」
  • 「センターのボールの取りあい、譲り合いがなくなり、パートナーとの関係が良好になった!」

今まで欲しくても手に入らなったこんな桃源郷が、高確率であなたのダブルスにインストールされることになるのです。ですから、あなたが・・・・・

・「ボールの飛んでくる現実的な範囲を、論理的に知りたい!」・「センターを抜かれない方法をマスターしたい!」・「ストレートを“ほぼ抜かれない”、前衛の立ち位置を知りたい!」・「ストレートに打たれたとき、余裕を持ってボレーを返球したい!」・「前衛に立った時、基本的に狙うべきボレーコースを知りたい!」・「ストレートにボレー攻撃する際の注意点を知りたい!」 ・「ダブルスで勝つための方程式を知りたい!」・「ボレーヤーに決められないための、効果的なショットを知りたい!」・「ロブを上げるべき絶対的な状況を知りたい!」・「決めるコースを知りたい!」・「サイドアウトしないアングルボレーを打つ秘訣を知りたい!」・「パートナーに迷惑かけない後衛の立ち位置を知りたい!」・「相手が雁行陣で戦ってきたときの対処法を知りたい!」

上記の中の悩みを一つでも抱えているなら、今スグ、以下のDVDをご覧ください。
今までとは全く違う“未来型のダブルス”を、あなたは知ることになるでしょう。)

image

■第80巻「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法パートI」 1・「ボールが飛ぶ範囲なんてたかが知れている。実際、その範囲とはどれくらいか?」 2・「『ストレートを、ほぼ抜かれない!』前衛の立ち位置とは?」 3・「ストレートに打たれた時でも、余裕を持って処理する方法とは?」 4・「センターを抜かれない方法があった。それはどのようなものか?」 5・「アングルもセンターも抜かれない後衛の立ち位置とはどこか?」 6・「『絶対にダメ!』と言われ続けたご婦人サービスを、薦めるわけとは? このDVDに収録されているメソッドは、すでに多くのウィークエンドプレーヤーの方が効果を体感されたものです。

※ 効果には個人差がありますことをご理解ください。
image
「現実的にボールが飛ぶ範囲を知れました!」

「ダブルスにおいて、ボールの飛んでいる範囲が驚くほど狭いことにビックリしました。そして、狭い通過点を視覚化し、強く意識してプレーすると、無駄な動きがどんどんなくなり、守りも攻めも著しく上達しました。」

byセミナーご参加者様
image
image
「前衛の正しい守り方を理解!」

「前衛に立っていても、ボールが飛んでくるコースがわかるのは楽でした。どこまでのボールに自分が手を出し、どこからのボールをパートナーに任せるべきか? これが明確になったことは、飛んでもない進歩です。おかげで、ダブルスをプレーすることがもの凄く楽しくなりました。

同時に、今まで自分が手を出さなければならないボールを見送っていたことに気づき、組んでくれていたパートナーに申し訳ない気持ちになったことも事実です。

さらに言えば、ストレートに打たれたボールを意識し過ぎない大切さもわかりました。意識し過ぎないと不思議にストレートが抜かれない。いえ、実際は抜かれる場面もあったのですが、なぜか相手がサイドアウトしてくれる回数が多くなったのです。これも、「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」のおかげであると理解しています。

byセミナーご参加者様
image
image
「センターを抜かれない方法があったなんて!」

「以前から、センターに飛んできたボールの処理に困っていました。(前衛、後衛のどちらが処理するかを迷います。) ただ今回、二つのコツを教えて頂いた後は、前衛にいるときも、後衛にいるときも、迷いなく処理できるようになりました。

二つのコツは、普段習っている場所では教えてもられません。そのため、田中さんのお世話になることの意義を感じた次第です。」

追伸:
「後衛のベストポジションもわかり、アングル、センターに抜かれる回数が減ったことも追記しておきます。」

byセミナーご参加者様
image

このDVDでは、今まで解明できなったダブルスの“ブラックボックス”の解析に成功。セミナーご参加者様に続き、今度はあなたが真実を体験してください。

■第83巻「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法パートⅡ」 1・「相手の前衛も後衛もボールに触れない、決めのコースとはどこか?」 2・「ストレートにボレー攻撃する時に使う、必殺の“2段構え”殺法とは?」 3・「“青の法則”を使った、サイドミスを避けられるアングルボレーの打ち方とは?」 4・「前衛に立った時、基本的に狙うべきコースとは?」 5・「たった5分間で、股関節と肩甲骨を柔らかくする方法とは?」 6・「『スピンサービスが打てない!』と悩まれていた会員様を、一瞬で打てるようにした方法とは?」 このDVDに収録されているメソッドも、すでに多くのウィークエンドプレーヤーの方が効果を体感されたものです。

※ 効果には個人差がありますことをご理解ください。
image
「前衛の攻め方が、感情的、論理的にわかりました!」

「前衛の攻めるコースは、ザックリ分けて二点!」というのはわかりやすかったです。(もちろん、細かくすればたくさん出てくるのでしょうが・・・・・)

しかも、そのコースの選定方法が・・・・

1.「自分に余裕がないとき」

2.「自分に余裕があるとき」

に分かれており非常にわかりやすい。(自らの気持ちに忠実に選択できるため)
そして、余裕がある時に攻めるコースは、「ローリスク、ハイリターン」のコースであることも論理的にわかったので、これからは迷わずに狙っていけます。

by瞬間直し(R)実践会会員様
image
image
「必殺の“2段構え”殺法は、まさに私のための前衛攻撃法!」

「必殺の“2段構え”殺法は、まさに私のためにある攻撃法でした。いつもは、攻め損というか、『攻めていたのに逆襲された』という憂き目に合うことが多かったのですが、その理由もわかりました。

実際に、必殺の“2段構え”殺法を使うと、取りこぼしが少ない。確実にポイントが取れる。これは、プロのダブルスでは使われていますが、ウィ―クエンドプレーヤ―では使っている方を見かけたことがありませんね。」

by啓介様
image
image
「アングルボレーで攻められるようになりました!」

「アングルボレーを打つとサイドアウトしてしまう。」これが、私の長年の悩み。特に切迫したポイントで、“ここぞ”と思って打つと墓穴を掘る。結果、大事なポイントであればあるほど、しこりボレーを打ち続けるしかなかったのです。

ですが今回。習ったことを試してみたら、見事にアングルボレーが打てるではありませんか。また、ミスをしてもすぐに修正できるところも、このメソッドの素晴らしい所。これからのダブルスが、楽しみで仕方がなくなりました。

by K・T様
image

■第56巻「統計学的、ダブルス勝利の方程式」 1・「ダブルスで勝つための方程式とは、一体、何か?」 2・「ダブルスで勝つための方程式の根拠となるデータ分析とは?」 3・「ダブルスで勝つためにやらなければならない練習とは?」 4・「相手の足元に確実に沈める “スポンジリターン” とは?」 5・「ダブルスでミスをせず、攻められることも少ないボレーを打つ練習方法とは?」 ダブルスで勝つには、統計学は欠かせません!

このDVDでは、ダブルス勝利の方程式を学びます。同時に、必要となるテクニックの練習法&注意点を網羅。つまり、「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解した上で、現場で起こる問題にも目をそむけず対処する。」こんなお声をあげる、“本物志向”のあなたに必要な情報が収録されています。

加えて、ダブルスには欠かせない“つなぎのボレー”、“足元に落すリターン”、“確実なスマッシュ”、“滑るサービス”のメソッドも収録。勝利の方程式をより確実に機能させるため、最大限ショットの質を上げてください。

追伸:
田中が現役さながらのダブルスを披露しているのも、このDVD。貴重な教訓が見て取れます。

■第35巻「試合に勝つ力を構築するパートⅡ」 ~ボレーヤーに決められないための効果的なショットとは~ 1・「相手にボレーを打たせていい状況とは、どのような時なのか?」 2・「ロブを上げなければならない絶対的な状況とは?」 3・「アングルショットを使うと、ピンチがチャンスに変わる状況とは?」 4・「チャンスボールを決める場所とは、一体どこなのか?」 5・「相手が雁行陣を行ってきたときの対処法、4つのフォーマットとは?」 【ワンポイントアドバイス】 「バックハンドスライスを、簡単に打つ肝!」 【会員様からの質問コーナー】 「サービスのティクバックの謎!」 これで、ダブルス後衛のスペシャリストになれます!

このDVDは、ダブルス後衛に特化した作りとなっています。

後衛は、かなりプレッシャーを受ける場所。対戦相手はネットに詰めている場合が多く
「いくぞ! いくぞ!」と、臨戦態勢を取ってくるからです。そこで、対戦相手が攻撃態勢に入った時も攻撃されないようにする方法。それをここでは学びます。

具体的には、突き球の使い方と打ち方。ロブを上げるタイミング。また、ネットについた対戦相手を翻弄する必殺ショット。これらを田中が実際に打って見せ、説明することで、あなたに確実にインストールして頂きます。

ダブルスは、前衛と後衛の力が上手くマッチしてこそ勝てるもの。そのため前衛だけを鍛えても意味はありません。また、相手のサービスゲームをブレークする始めの一歩は、後衛のショットの質で決まります。そのため、後衛に特化したメソッドを手に入れることは必須となります。

『ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!』を使い、快適にプレーされているウィ―クエンドプレーヤーの方々のお声です!

※ 効果には個人差がありますことをご理解ください。
image
「センターのボールで、パートナーと険悪な雰囲気になることがなくなった!」

これまでのダブルス経験で、センターのボールをどちらが取るかで“もめる”ことがありました。でも、このメソッドを学んだ後は、一切、もめることがなくなった。多分、この先もめても、“グゥ”の音も出ないほど明確な指針があるため、パートナーが誰であっても納得してくれるでしょう。」

●K・W様(-54才 /男性) 
image
image
「ボールの飛んでくる場所がわかるようになり、確率良くポーチできるようになりました!」

ボールの飛んでくる所がわかることなんて、テニスではありえないと考えていました。ですが、このDVDを見た後は考え方が一気に変わりました。確かに、「言われてみれば・・・・・」という感じですが、ここまでしっかり考察してくださり、わかりやすいメソッドは今までないと思います。

おかげさまで、確率良くポーチできるようになり、仲間達からビックリされる毎日です。

●D・W様(50才 /男性)
image
image
「ポーチのタイミングがつかみ易くなった!」

今までポーチに出るタイミングが分かりにくかったのですが、相手の打つコースが限られていると考えるだけで楽にボールを見られるため、ポーチのタイミングがつかみ易くなったと思います。

●山本 彰様(58才 /男性)
image
image
「自分のポジションが、間違っていたことがわかりました!」

ポジションはスクールで習ったりするのですが、「今一、客観性に欠けているなぁ。」と思っていました。しかし今回のDVDを見ると、「これだよ、これっ!」といった感じで、わかりやすい上に、今までの自分のポジションがやはり間違っていることがわかりました。どうりで、今までセンターのボールが取れなかったわけです。

●Y・K様(-42才 /男性)
image
image
「自信を持ってストレートへのボレーが打てるようになりました!」

「ダブルスでは、ファーストボレーはクロスに打て!」と言われていたので、どうしてもクロスに打つことが多かったです。そして、ときにはストレートに打つのですが逆襲されることも多く、「やはり、クロスかな?」と考えていました。

ですが、「あっ、ストレートに打って相手に逆襲されていたのは、これが原因だったのか!」と、このDVDに思い知らされました。おかげで、ストレートへのボレー攻撃を、自信を持って行えるようになりました。ありがとうございました。

●Y・N様(-54才 /男性) 
image
image
「ストレートを抜かれなくなりました。不思議なほど・・・・」

わかっちゃいるけど止められないのが、サイドへの寄り過ぎ。どうしても、ストレートを抜かれる恐怖に負けていました。ですから、「今回も厳しいのでは?」と心の奥では思っていたのですが、今までとは全く違う発想でストレートに抜かれないことをご教授くださったので、「やってみよう」という気になり、挑戦しました。

結果は、不思議なくらい・・・・・ストレートを抜かれなくなりました。理詰めの解説で明晰性があるので、安心してサイドのポジション戦略が取れるようになりました。

●J・O様(-54才 /男性)
image
image
「アングルボレーのミスが、劇的に減りました!」

試合の悩みとして、アングルボレーを決めなければならない時に、必ずと言ってよいほどミスをする。勝ちを逃す。パートナーに迷惑をかける。これがありました。そして、一番の悩みだったのが、「ミスする理由がわからない!」

田中さん、あなたのおかげで一番の悩みの原因がわかりました。しかも、テクニックが悪いのか? と思っていた所、全く違う原因であったことも救われました。今ではアングルボレーのミスが劇的に減り、自信を持って試合で使っています。

image
image
「年齢が上がった人に、より効果的なメソッドです!」

すでに60歳を超えていますので、使えるかなぁ? と心配しておりました。逆でした。年齢が上がった人に、より効果抜群ではないでしょうか。もちろん若い人にも有効でしょうが、若い人はまだ体力にものを言わせてボールに飛びつける。それができなくなりつつある40歳以降の方に、うってつけのメソッドのように感じました。これからますます年齢を重ねていきますが、このメソッドがあれば一安心といった感じです。

●H・A様(-62才 /男性) 
image

『ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!』を、あなたが手にした方が良い理由!

理由1:ダブルスが、今まで以上に楽しく簡単にプレーできるようになるから!
難しいことは、一切、ありません!

ダブルスを本格的に行うと、結構、複雑なことに気がつきます。パートナーに合わせたポジショニング。“あうん”の呼吸が求められるセンターのボールの処理。対戦相手の立ち位置により変わるボレーの返球場所等。

これらは確かに必要なものですが、一歩間違えると複雑さを感じすぎ、迷走の世界に入ってしまうこともあります。

そこで、「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」では、複雑さを出来るかぎり排除。「誰もが迷わず、楽しんでダブルスをプレーできる方法の伝授!」に主眼を置きました。その中心的なメソッドが・・・・・

「相手のボールが飛んでくる場所を特定!」

相手のボールが飛んでくる場所がわかれば、必然的に返球率は上がります。返球率が上がれば楽しい。勝率も上がる。つまり、相手のボールが飛んでくる場所を 特定できれば、今までにないほど簡単にダブルスがプレーできるわけです。

問題は、その実現。「一体、どうやって相手のボールが飛んでくる場所を特定するのか?」 この難問に対し、このDVDが答えを出してくれたのです。

もちろん最終的には、パートナーとの細かい位置関係。対戦相手の居場所により、微妙にチェンジさせる返球場所等。複雑で繊細なダブルスの世界を味わう時期が来ます。ですが、その前。もしくは、「考え方をシンプルにしたい!」と願われるならば、これほどお役に立てるメソッドはないと考えます。

理由2:パートナーとの仲が良くなるから!
人間関係が一番大切です!

二人でプレーするのがダブルス。仲の良さは勝利への必須条件です。ですが、理想と現実は違います。私もたくさん過ちを犯しましたが、パートナーのちょっとしたミスに気分を害し、気まずいダブルスになってしまうこともあるものです。

また、そこまで酷い状況でなくとも、「今のポイントは落さなくても良かったのでは?」 と疑心暗鬼の気持ちを起すことくらいは誰にでもあるはず。その元凶を探っていくと・・・・・

  • 「ミスしなくて良いはずのボールをミスした。」
  • 「センターのボールをお見合いし、対戦相手にポイントを献上してしまった。」

この2大要因が浮き上がります。ですが、今回のDVDで勉強すれば、

  • 「打ち方を変えずにミスを減らすことができる!」
  • 「センターのボールの責任所在がしっかりと認識できる!」

このような変化を体験することができ、今までとは比べ物にならないほどパートーナーの方と仲良くプレーすることが可能となります。これは、ミスの最大要因である予測、判断の改善に成功するからに他なりません。

「仲の良いダブルスでありながら、強いダブルス!」

この理想世界を実現してください。

理由3:チームメイトを喜ばせるため!
仲間からの称賛はうれしいものです!

我々は、何のためにテニスをしているのでしょう? 自分のため? 確かにそうです。ですが、本当に自分のためだけにプレーしているのでしょうか?

いいえ、違います。我々がテニスを行うのは、チームのためでもあるのです。個人スポーツの代表格とも言えるテニスですが、実のところチームスポーツの側面が強い。一例を挙げれば・・・・・

  • 「ダブルスは、元々チームプレー!」
  • 「団体戦がよく行われる!」
  • 「世界トップ選手を見ると、コーチ、トレーナー、マネージャー等と、チーム一丸となって戦っている!」

そう、テニスはチームプレーが意外に多いのです。ならば、チームに貢献することが必要に。仲間を喜ばせることが自らの喜び。この高尚な瞬間をむかえるために、あなたはダブルスを強化する必要があるのです。

理由4:他では入手できないダブルス上達メソッドだから!
映像の中でお会いしましょう!

ダブルスを教える上達機関は、弊社以外にもあるでしょう。その中には、“キラリ”と光るメソッドもあるかもしれません。

ですが今回 ご紹介するメソッドは、そのどれとも違います。独自の方法を使い、現場で丹念に事実を調査。「ウィークエンドプレーヤーの方にこそ使ってもらいたいメソッド!」に仕上げているからです。

「証拠は?」 と聞かれれば・・・・・テニス歴が長く、他の上達機関で“嫌っ”というほどダブルスを習っている『瞬間直し(R)実践会』の会員様。彼らの高評価。これが動かぬ証拠です。

*(他社様と同じレベルのメソッドであれば、わざわざ「瞬間直し(R)実践会」に入会し続ける必要はないのです。)

ですから・・・・・

「しまった! 手に入れておけばよかった!」

他のウィークエンドプレーヤーの方があなたに先駆け結果を出された後、このような後悔だけはしないでください。

「聡明なあなたにこそ、ご自宅でこのメソッドを学んで頂きたい!」

「コートで試し、違いを実感して頂きたい!」

このように強く願っています。

「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」は、一体いくらでしょう?

32,000円(消費税別・送料弊社負担)です。

*(テニス上達塾の塾生様は、26,000円(消費税別・送料弊社負担)でご購入いただけます。)ご購入の際は、メンバーズサイト よりお申込みください。

私の知り合いに、1回1時間一万円のプライベートレッスンを受け続けている方がいます。その方はダブルスを中心にプレーされているので、あなたと同じように「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」をお勧めしました。

数ヶ月振りにお会いしたら・・・・・

「あぁ、先日はありがとうございました。お陰でプライベートレッスンを辞める決意がつきました。年間約100万円を3年間払い続けてきましたが、田中さんのDVDを見て練習したら、今までより良い試合結果が出ちゃって。。。

正直、呆れました。だから、プライベートレッスンを受けていたコーチには言いました。『返金してよ!』 もちろん、冗談半分、本気半分でした。が、それくらい言わなければ気が済まなかったのです。

3年間で、約300万円の投資ですよ。それが、32,000円(消費税別・送料弊社負担)の投資に負けるなんて・・・・・普通、あってはならないことです。でも、実際には起こったのです。」

この知人は、テニスにかなり入れ込んでいました。ですから極端な例かもしれません。ただ、ここまでではなくとも、誰もが大なり小なりテニスに投資をされている現実はあります。ですから、お聞きしたいのです。

「費用対効果は?」

1回で、32,000円(消費税別・送料弊社負担)のお支払いとなると、尻込みしたくなる気持ちもあるかもしれません。ですが、私の知人のように効果の出ないところに約300万円を支払うことを考えると・・・・・

「32,000円(消費税別・送料弊社負担)の投資は決して高くはない。そして、他のウィークエンドプレーヤーがすでに結果を出されているものであれば、費用対効果も高い!」

こんな真実も見えてきます。
さらに言えば、あなたが手にされるのは一回限りのレッスンとは違いDVD。好きなときに好きなだけ。何度でも繰り返し学ぶことができる。こんな大きなメリットも手にできます。

良い投資機会は少ないものです。費用対効果を考え、投資を行ってください。

ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!

  • “今すぐ購入する テニス上達塾 塾生専用
  • “今すぐ購入する 一般用

365日間全額返金保証をいたします。

上記で知人のお話をさせて頂きました。知人は、プライベートレッスンを受けているコーチに返金請求しました。もちろん、その願いは却下。ですが・・・・・

「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」

こちらを手にされるあなたには、

「1年間勉強した。実践も繰り返した。しかし、全く効果がなかった。」とおっしゃる場合は、商品到着後365日以内にお申し出くだされば、お支払い頂いた全額を返金させて頂きます。(ご迷惑料として、手数料も負担させて頂きます。)

  • 「ミスが途端に減った!」
  • 「今までとは、ダブルスの見方が全く変わった!」
  • 「パートナーに信頼されるようになった!」

このようなお声を、「瞬間直し(R)実践会」会員様から頂いているにもかかわらず、最大限の保証をさせて頂く。これは、あなたをリスペクト(尊敬)しているからこそです。

「ご安心して、お試しください!」

ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!

  • “今すぐ購入する テニス上達塾 塾生専用
  • “今すぐ購入する 一般用

追伸1:「ダブルスを学んだことのある貴方にこそ、手に入れて頂きたいメソッドです!」

私も過去に、ダブルス上達メソッドの数々を発表しています。そして、他社様でもダブルス上達に対するメソッドは発売されているでしょう。ですから・・・・・「ダブルスはたくさん学んだ。もう満足だ。」と思われているかもれません。

「違います! ダブルスを学んだことのある貴方にこそ、このメソッドは学んで頂きたいのです!」

複雑なダブルス。たくさん行うことのあるダブルス。それを可能な限り簡単に行えるようにした。つまりあなたは、「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」で、“ダブルス棚卸”を行うことになるのです。

棚卸ですから・・・・・

  • 「今までの学びが統合される感覚だ!」
  • 「今の自分に必要なもの、必要でないものが一目瞭然になった!」
  • 「過去に例を見ないほど、無駄のないダブルスがプレーできている!」

このような感覚を味わうことになるでしょう。

それは、あなたのダブルスが洗練されていく瞬間。言い換えれば、“大人のダブルスをプレーする体験”を味わうことでもあるのです。

ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!

  • “今すぐ購入する テニス上達塾 塾生専用
  • “今すぐ購入する 一般用

追伸2:「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」を学んだ後のあなたの姿とは?

・「ボールの飛ぶ範囲がわかった。おかげで全てのボールが取れる気がする!」・「センターを抜かれる回数が激減した!」・「ストレートに抜かれる回数が減った!」・「ストレートに打たれても、余裕を持って返球できるようになった!」・「前衛に立っている時に狙う、基本コースをマスターできた!」・「アングルショットで抜かれなくなった!」・「ストレートにボレー攻撃しても、逆襲を喰うことが少なくなった!」・「ダブルスで勝つための方程式を理解できた!」・「相手にボレーを打たせていい状況を知れた!」 ・「ダブルスで、ノータッチエースを取れるようになった!」・「ロブを上げなければいけない時がわかった!」・「チャンスボールを決める場所を、知ることができた!」・「相手に攻められることの少ないボレーが打てるようになった!」・「アングルショットを使い、ピンチをチャンスに変えることができるようになった!」・「アングルボレーのサイドミスがなくなった!」・「相手が雁行陣のときの、明確な対処法を憶えた!」・「継続的にダブルスで勝つための練習法がわかった!」

これです。こんなに自信に満ち溢れた姿に、あなたは変身するのです。もちろん、この姿には誰もがなれるわけではありません。扉を開けたあなた。「ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!」を手にされ、実践されるあなただけがなれるのです。

あなたや、あなたの周りの方々が驚きを禁じえない新しい世界。ここに勇気を持って足を踏み入れてくさい。応援しています。

ボールが飛ぶ範囲を理詰めで理解し、ダブルスに勝つ方法!

  • “今すぐ購入する テニス上達塾 塾生専用
  • “今すぐ購入する 一般用
「最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。あなたのダブルスが今までより強化される。しかも、シンプルさを増して。この新しい世界を体験されることを心から願っております。」 田中信弥
PAGETOP