近年。

「新しいサービスメソッドを、
 これ以上は生み出せないかも…」

この不安が消えません。

そりゃぁ、そうです。

天才でもない私が、都合45年間も
サービスの研究を重ね、

ありとあらゆるメソッドを開発したのですから、
枯渇しても当然です。

特に「瞬間直し実践会」を主宰する
この15年間は…

本当にたくさんの
サービスメソッドを世に出しました。

その数、DVDだけでも23枚。

ギネスブックには載らないでしょうが、
「よくそれだけ新しいメソッドを生めますね。」

と、長いお付き合いのある会員さんや、
撮影会社さんからは言われます。

なので、

「そろそろ潮時かな。
 まぁ、よくここまで頑張った。」

という気持ちもあります。

ユーチューバーに転身?

ある日、ユーチューブを見ました。
パソコン画面をスクロールすると、

「フェデラーのスーパーショット特集!」
という文字が目に飛び込みます。

「面白そう」と思うや、
反射的にポチッと再生。

はじまると、フェデラーの芸術的な
スーパーショットが、

次々と画面にあらわれます。

そして、その最後に…
とっておきのスーパーショットが。

それはもう、衝撃の一言。
夜中の3時すぎでしたが、

思わず「うぉぉ~!」と大声を出し、
背中がのけぞるビックリ反応を体がおこすと、

昔の漫画のように
ものの見事にイスごと転げました。

(赤ワインの入ったグラスも落としたので、
 床中が赤く染まる誤算も発生。(笑))

伝説のロディック事件

その映像は、あなたも見たかもしれません。

当時、フェデラーと世界No.1争いをしていて、
永遠のビッグサーバーと呼ばれたロディック。

彼がフェデラー戦で放った、
ネット際のダンクスマッシュ

(相手コートに強く叩きつけ、
 観客席にボールを放り込むスマッシュ。)

そのボールをイチローの
ホームランキャッチよろしく、

フェデラーが猛ダッシュで観客席の
間際まで背走し…

なっ、なんと、
背中を向けたままグランドスマッシュを放ち、

見事にロディックのサイドを抜き
ノータッチエースを取ったのです。

(信じられますか?

 背走して、観客席ギリギリのところから、
 後ろ向きのまま、グランドスマッシュを

 決めたのですよ。)

当然、ロディックもあきれ顔。

「信じられない」という表情と共に、
フェデラーのいるコートにラケットを投げ、

「お前、一体、何をしてくれるんだ?」
とでも言うような仕草と笑い顔で、

フェデラーには敬意を、観客には
エンターテイメントを贈ったのです。

隠され続けた秘宝

私(田中)は憑りつかれたように、

このフェデラーのスーパープレー映像を
何度も何度も再生。

「どうして、バックフェンス間際から、

 あれほどのスピードショットを
 後ろを向いたまま打てるのだろう?

 秘訣がわかれば、新しいサービスメソッドを
 生みだすことができる
かもしれない。」

と、秘かに期待しました。

そのため、夜を徹して研究。

出勤する人が一目散に駅を目指し、
足早に歩く姿を事務所の窓から見られる

午前7時21分まで、
繰り返し映像チェックを続けました。

「俺はこんなことをしていて大丈夫か?」

と、世間の波に乗れない自分に
一瞬だけ罪悪感を持ちましたが、

次の瞬間には疲れから爆睡。

ハッと目が覚めた午前10時43分からは
ふたたび映像を見直す生活に

自嘲しながら戻るのです。

そして、13時09分

ついに違いを発見。

えぇ、フェデラーの右肩の使い方が、
他の選手と全く違うことに気づきました。

そう、動かない。

ちょっと見間違うと…
「手打ち?」と勘違いを起こすほど

ボールを打った後も
右肩の位置が変わらないのです。

実は他にも…

フェデラーが右肩を全く動かさずに
サービスを打つ映像があります。

サービスキープをしたあと、
ポケットに残ったボールを軽くサービスで打ち、

相手コート側にいる
ボールパーソンに渡すときです。

ときおりしか見られない映像ですが、
まさにそのときの肩の使い方も、

ロディック相手に後ろを向いたまま決めた
グランドスマッシュと同じように、

右肩をまったくと言って
良いほど動かさない
のです。

ダマされないでください

もちろん、試合中に見せる
フェデラーのサービスは、

上記2つの例とはまったく異なります。

そう、右肩が必ずベースライン上まで動く。

(サービスを打つ前は
 ベースラインの後ろにある右肩が、

 ボールを打った後はベースライン上に移動。)

えぇ、相手コートにいる
ボールパーソンに打つ軽いサービスと、

ロディック相手に後ろを向いたまま
グランドスマッシュを決めたときとは、

まったく違う肩の使い方に見えるのです。

ですが…
ダマされてはいけません。

右肩が動く打ち方と、動かない打ち方の本質は、
まったく一緒です。

打つ前に強く地面を踏みつけ、

下半身の力を最大限に使って打つ
試合中のサービスは右肩が前に出る。

(エネルギーが強いからです。)

そして、ボールパーソンに
軽く打つサービスと、

ロディック相手に背走しながら
グランドスマッシュでエースを取るときは、

下半身の力を使わない(使えない)ために、

右肩が前に動かないのです。
(エネルギーが弱いからです。)

そう、右肩が動く、動かない、の違いは、
下半身のエネルギーをどれほど強く使ったか?

ここで決まるのです。
(上半身の動きを変えたわけではないのです。)

スピードアップは、体幹を動かさないことで実現

photo

近ごろは、体幹、体幹と、
どこでも聞くようになりましたから、

あなたもご存知でしょう。

体幹こそ、ショットスピードを決める、
大きな、大きな、要素です。

なぜか?

下半身とおなじく
大きなパワーを秘めているからです。

大きなパワーを効率的に使えれば?
はい、スピードが出ます。

では、どうやって体幹を効率的に使うのか?

それこそが…
フェデラーの右肩支点打ち。

下半身のエネルギーを使わない(使えない)
ときは、体幹ブレを避けるために

右肩を不用意にネット方向に動かさない。

いわば、エネルギー漏れをなくすために、
右肩支点打ちをフェデラーは実行しているのです。

どうしても動く右肩

「新しいサービスメソッドを
 これ以上は生み出せないかも…」

と、思い悩んでいた私(田中)ですから、
この発見はうれしかった。

しかも、メソッドの出所がフェデラー。
これ以上ない、信頼があります。

ただ、大きな問題がありました。

メソッド発見後、

「右肩を動かさずに打てば、
 誰でもサービスをスピードアップできる。」

と、ルンルン気分でオートテニスに向かうのですが、

「どうしても、右肩が動く。

 右肩を動かさずにサービスを打とうとしても、
 かならず右肩がネット方向に動いてしまう。」

という、メソッドを教える側の
人間が打てないという、

ジレンマに陥ったのです。

難題は、

「自分では右肩を止めて打とうとしている。
 なのに、なぜか動いてしまう…」

このように、理由がわからないこと。

理由がわかれば直せますが、
わからなければ直しようがありません。

ルンルン気分は一転。
奈落の底に突き落とされた気分となります。

娘に頼み込みます

「今度の日曜日、
 ちょっとサービスを見てくれないか?

 できれば映像を撮り、
 研究の手助けをしてほしい。」

と、

フェデラーの右肩支点打ちの
メソッド化
への協力を娘に求めたのです。

いつもの優しい声で、

「いいよ」と言ってくれる娘には
本当に頭が上がりません。

平日は忙しいから、土日くらいは
ゆっくりしたいだろうに。

できの悪い親父を感じ、
「撤回しようかな…」

とも一瞬はおもいましたが、
私(田中)も必死。

「メソッドを生みださなければ先がない。
 日曜日に何が何でも完成させる!」

と、ダメ親父でいくことを決意しました。

がんばらないことが肝心

photo

日曜の21時35分。
ナイター照明のついたテニスコートで、

一緒にユーチューブ映像を見ていた娘が
「あっ!」と声をあげます。

「どうした?」と聞くと、

「パパ、フェデラーが軽くサービスを打つときって、
 なんか手打ちに見えるよね?

 パパの打ち方は、まだまだ全身を使い
 がんばって打っているように見える。

 でも、フェデラーはもっと
 がんばっていないような気がする。」

と言ったのです。

「がんばらない?」

昭和40年生まれの私(田中)にとっては、
決して気分の良い言葉ではありません。

「がんばれ、がんばれ!」
と言われて育ったため、

「がんばってこそ価値がある。
 がんばって打つからこそ威力もでる。」

と思っています。

ですが、確かに娘の言うとおり、

楽に打つときのフェデラーは
がんばっている感がない。

「答えはこれか?」by 田中

半信半疑でしたが、
光明が見えた気もしました。

映像をくらべると…

私(田中)は今一度、
フェデラーと自分の映像を見比べました。

すると、大きな差異に気づいたのです。
それは…

「えぇ?こんなに違うの?」
というほどの違い。

なのに、間違った常識に
頭を縛られていたダメ親父は、

その差異にさえ気づけなかった。

時刻は、すでに21時47分。
レンタルコート終了まであと13分です。

「これで、ダメならあきらめよう…」

私(田中)は、過去のプライドを捨て、
フェデラーとの違いを突き詰めたのです。

矢のようなボールが、バコォーンという爆音とともに飛んでいきます

「パパ、すごいよ!」

それくらい強烈なサービスが、
娘の横を通りすぎます。

「やはり、差異はここだったか!

 私(田中)の右肩は早く前に出てしまい、
 フェデラーは支点止め後に前に出る。

 同じように見えながら、まったく違う…違いはここだ。」

私(田中)は、娘に向い大声で叫びます。

「これが、これが、最速サービスを打つ秘密だ!」

コートの向こう側でニコッとする娘。

そして私に向い、同じ打ち方で
サービスを打ち返してきたのです。

「はっ、速い!」
娘はとっくに現役を引退しています。

なのに、現役以上のサービスを、
目の前で打ってくれた
のです。

限定20名のセミナーを開催した瞬間…

photo

20名の全員から
「過去最速サービスが打てました!」

とのお声。

“生”コメントでも…

image
● 力を入れずにスピードを上げられる(新井邦夫 様)
photo

力を入れずにサービスの
スピードをあげることができた。

打球音が明らかに変った。

4時間もサービス練習したのに、
翌日に腕の疲れがまったくなかった。

本物のメソッド。

image
image
● 効果絶大なメソッド(大久保一成 様)

今回のメソッドは、拍子抜けするくらいシンプル。
なのに、その効果ときたら…

サービスで、自分史上、
最高のボールの喰いつき。

打球音、スピード、再現性のすべてが、
最高になりました。

もう、絶対に非公開。
出版もやめてほしい
です。

心の狭い人間だと思われても良いです。
それくらい効果絶大なメソッドなので。

image
image
● スライスサービスも安定する期待(児玉好史 様)
photo

今日のセミナーの、

「右肩を動かさない!」
「右肩支点止め!」

は、これまでの良いときの
感覚と一致します。

右肩支点を意識すると体が開きにくくなり、
右斜め前方向にエネルギーを向けられます。

この後、スライスサービスも安定する
期待感を持っています。

image
image
● 試合でサーブするのが楽しみ(W様)

「体幹の軸を保ちサーブを打つと
 良い球が飛んでいく。」

とは、何となく意識していたのですが、

「右肩を動かさない!」
「●●で体が前に行くのを防ぐ!」

という具体的なアドバイスで、

軸をぶらさずサーブを打つには
どのようにすればいいかをつかめました。

試合でサーブするのが楽しみです。

image
image
● フォーム全体が安定した(丸山義幸 様)
photo

ラケットがぶれずに安定して出るようになり、
ボールは低く深く入るようになりました。

撮影したビデオを見ましたが、
フォーム全体が安定したように見えました。

田中プロの凄いところです。

image
image
● 意外にスピードが出る(YM様)

ボールの芯にキチンと当たれば、
意外にスピードが出ることに驚きました。

右肩の回りがシンプルとなり、
右肘がスムーズに出るようになりました。

今までの試合中に、
突然ラケット面がぶれることがあり、

「握力の低下が原因」
と考えていましたが、

別の要因にたどり着いた
ことは大きな収穫
でした。

image
image
● 明らかに球速、確率ともにアップ(伊藤尚己 様)
photo

最近…満足のいく速いサービスが
ほとんど打てていなかったのですが、

今回の参加で高速と安定が
両立できるサービスを教えていただき、

希望が湧きました。

土日にテニスをやったのですが、

明らかに球速、確率ともにアップ
している
ことを実感できました。

以前のサービスの飛ばし方に比べ、

右肩支点で打つとはるかに楽に
飛ばせる
ことがわかりました。

image
image
● 動かさないことの重要さ(ame 様)
photo

まさに、エネルギー伝達ですね。

「瞬間直し実践会」ならではの視点…
動かさないことの重要さ。

しかも、動かさないことの方が、
動かすことより難しいことが再認識できました。

image
image
● 目からウロコ(濱田勝義 様)

ファーストサービスの強化は、
念願の夢でした。

フェデラーがピンチを迎えたとき、
最高のファーストサービスをバンバンと決め、

流れを引き戻す姿に憧れていたからです。

腕を抜く方向、スイングの修正で、
今まで感じたことのないサービスを打てました。

目から鱗。さすが、さすが、田中プロです。
本当に貴重な時間をありがとうございました。

image
image
● 聞いたことのないすごい打球音(U様)

世間の上達情報をたくさん入れていたら、

何が正しいのか?に迷いがでてきて
わからなくなってしまいました。

当日は、高速サービスの正しい打ち方を
整理整頓できました。

実際に打ったボールは、

自分では聞いたことのないすごい打球音
ラケットから飛び出していきました。

image
※ 効果には個人差があることをご理解ください。

過去最速サービスを手にいれた20名は…

・スピードアップの実現
・サービスフォームの安定
・聞いたことのない打球音

上記の効果を口にされました。

では、あなたが仲間入りするには、
一体、何を、どの順番でおこなえばよいのか?

“過去最速”サービスを、ステップバイステップで手に入れる方法

■第172巻 最新!超高速サービスの打ち方

1.フェデラーのスマッシュ返しがサービススピードアップの肝
2.肩を動かさずにサービスを打つ真意
3.3人の会員様のフラットサービスを瞬間直し
4.3人の会員様のスピンサービスを瞬間直し

このDVDでは…

フェデラーのサービスの威力の出し方。
威力を出しても、精度が高い秘密。

それを「瞬間直し実践会」の
会員さん3人をお迎えし、

手に入れてもらいました。

つまり…

セミナーで20人の会員さんから
「過去最速サービスが打てました!」

というお声をもらい、
DVD内でも3人の会員さんに

過去最速サービスをさずけたのです。

(これ以上の証拠はないですよね。)

さらには、スピンサービスが苦手な会員さんにも、

「あぁ、これなら!」
と言っていただけるメソッドを注入。

「一巻で、何度おいしいんだ?」

というほど、あなたのサービスに
メリットを与えるDVD
です。

■第177巻 エースを取るスライスサービス!

1.エースを取るためにはイナバウアー
2.右側にトスを上げる意味
3.打つ時に胸を上に向けると?
4.バックサイドでスライスサービスを打つ
5.チャンスボールをしっかり決める練習法
6.股抜きショットの教科書

過去最速サービスを手に入れたら…

次はスライスサービスで
エースを取るように変身します。

「スライスサービスを打つ方法」は、
世間に転がっています。

ですが、
「スライスサービスでエースを取る方法」

は、見たことがありません。

なので、あなたはこのDVDを見ながら、

「なぜ世界トッププロは、スライスービスで
 あれほど威力が出せるのかがわかった。

 どこを、どうマネすれば、

 私もエースの取れるスライスサービスを
 打てるようになるのかもわかった。」

とつぶやくことになり、サービスレベルが
もう一段あがる
ことを実感するでしょう。

■第165巻 相手が打つ前に、正確にボールが飛んでくるコースを予測&判断する方法! ~サービス編~

1.サービスを打つときに行なう予測&判断法とは?
2.サービス&ボレー時のリターン予測法
3.パートナーにポーチミスを責められた時は…

最後はこれっ。
そう、予測&判断です。

「なんで、最速サービスを打つのに、
 予測&判断の勉強?」

と思うかもしれません。

ただ、考えてください。

あなたが渾身の最速サービスを打つ先、打つ先に、
なぜか対戦相手が待ちかまえていたら?

いくら速くても、返球される率は上がりますよね。

そう、威力あるショットを相手のいない場所に
たくさん打てる方がテニスは勝てる。

だからこそ、あなたが
最後に手に入れるべき道具は…

・リターナーの動きを予測&判断する
・相手のリターンコースを予測&判断する

この2つとなるわけです。

「“過去最速”サービスを打つ方法!」は高嶺の花か?

「ここまで効果実証済みで、
 開発に悩み作ったメソッドだと、

 それ相応の金額となるのでは?」

と、ご心配されるかもしれません。

ですが…

「“過去最速”サービスを打つ方法!」は、
DVD3本セットで24,000(消費税別、送料は弊社負担)。

率直に言って破格値でお届けします。

最近、全日本ベテラン出場をめざす方々を、
お一人25万円(消費税抜き)で指導しました。

(1回3時間、5日間)

当然、その方々にも、

「“過去最速”スピードサービスを打つ方法!」
をお伝えしています。

それほどの高額講座で教えるメソッドが
10分の1以下の値段で手に入るなら?

かなりお得ではないでしょうか。

“過去最速”サービスを打つ方法!

  • “今すぐ、このボタンを押して購入する 一般用
  • “今すぐ、このボタンを押して購入する テニス上達塾 塾生専用

全額返金をする意味

先日、

「田中さん、全額返金制度はいらないです。
 なんか、自信がないような感じを受けるので…」

というアドバイスをいただきました。

「なるほど!」と思いました。

ただ、そこまでの信頼をいただいている方と、
そこまでの信頼をいただいていない人もいる。

つまり…

「誰もが100%、田中信弥を
 信用しているとは言えない!」

とも考えるのです。

すると、どこで線引きをするか?
ということになり…

やはり、初めての購入者様。
今まで、私(田中)の商品を買ったことがなく、

不安で、不安で、仕方がない方に焦点を合わせることが大切

との結論に達しました。

なので、長年のお付き合いがある方からは、
「全額返金保証はいらない」

というありがたいお言葉を
いただきながらも、

不安を持たれる方、
新たなお付き合いが始まる方への配慮として、

今回も全額返金保証を
つけさせていただきます。

『田中さん。

 「“過去最速”サービスを打つ方法!」
 のDVDを何度も見て、一生懸命に勉強しました。

 がんばって練習もしました。
 それでも、以前より少しもうまく打てません。』

とおっしゃる場合は、

ご購入日から365日以内であれば
全額の返金をお約束します。

とにかく、まずは試していただきたい。
試さないのは、あまりにも勿体ないメソッド。

この気持ちで一杯です。

「365日も猶予があるんだ」
と気軽に考え、まずは試してください。

“過去最速”サービスを打つ方法!

  • “今すぐ、このボタンを押して購入する 一般用
  • “今すぐ、このボタンを押して購入する テニス上達塾 塾生専用

追伸1:新世界へのいざない

「“過去最速”サービスを打つ方法!」

を、今まで以上にたくさんの
ウィークエンドプレーヤーが

手にしてくれたなら…

一体、テニス界はどのように変わるのか?
このことを考えるとワクワクします。

まちがいなく、次元の違う新世界が
出現する
ことになるでしょう。

その新世界では…

「あっ、こんなサービス、
 プロしか打てないと思っていた。

 でも、それは勘違いだった。

 正しいメソッドに恵まれれば、
 こんなに簡単に同じ打ち方ができるんだ!」

ということを口にする方が増えるのです。

そうなると、その方々と
普段一緒にプレーする人達にも、

その息遣い、魂が伝播する。

つまり、ミラーニューロン(モノマネ物質)が
誰の頭の中からもドバドバと出始め…

「私たちはうまくなれる!」
という自信に満ちた人々が、

一気にウィークエンドプレーヤーの世界に
たくさん誕生することになるのです。

そのためには、まずはあなたのサービスに
大きな変化、成長をほどこすことが最優先

はじめの一歩が大切。
このように考えます。

たくさんのウィークエンドプレーヤーに
自信に満ちた新世界に住んでもらうために、

一緒に活動してくださればうれしく思います。

追伸2:「“過去最速”サービスを打つ方法!」は、半永久的に使えるメソッドです

なので、安心してお申し込みください。

お申込みは簡単です。
このページの下にある…

「今すぐ、このボタンを押して購入する」
をクリック(押して)ください。

画面が変わりましたら、

セキリュティー対策万全のページの中で、
安心してお申し込みを完了させてください。

以前に、私の商品をお求めくださったなら、
さらに簡単です。

記入箇所は最小限。
手続きは約2分で終わります。

するとすぐに…

「“過去最速”サービスを打つ方法!」(DVD)
があなたの自宅に向かいます。

“過去最速”サービスを打つ方法!

  • “今すぐ、このボタンを押して購入する 一般用
  • “今すぐ、このボタンを押して購入する テニス上達塾 塾生専用
PAGETOP