ついに永遠の謎と言われた、「試合になるとうまく打てない…」真の原因究明に成功。二度とメンタルに責任を押しつけず、仲間の前で“さらし者”となる屈辱からも脱出。ビビってもすぐにストロークが入るように変わる新メソッドは、一体どのように開発されたのか? これは、弊社だけが持つ独占的なテニス上達情報です。

「ボールがコートにおさまらない。

 練習ではあれだけ入っていたのに…
 試合になった途端、一体どうゆうこと?

この冷や汗的な体験。

試合に出たことがあるなら
一度や二度はありますよね。

もちろん、私も子供のころから
死ぬほど経験。

俗に、山あり谷ありと言いますが、
おまけに地獄までついてきたように、

試合になるとボールが入らないのです。

仕方なく、へっぴり腰スライスで対応。

こんなテニスをするために
 試合に出たわけではない。

 早く終わってくれ。」

と、スティーブ・マックイーンの
「大脱走」よろしく、

時速100キロのバイクにまたがり
逃げ出したい気持ちに駆られるのです。

そして、やっとゲームセット。

「市中引き回しの上、打ち首獄門!」
と遠山の金さんに言われたように、

観客が哀れみの目を向ける中、

逃げる様にコートを後にするのです。

どうして練習では打てるショットが、試合になると急に打てなくなるのか?

photo

試合でビビると…

練習時とは
違う信号を脳が発するのです。

この点を、能力開発の魔術師であり、

日本のメンタルテクニック第一人者でもある
西田文郎先生は、

「脳を常に快状態
 にしておくことが大切。

 それには快となるように、
 自分自身で脳に語りかける習慣が必要!」

と断言されています。

ということは…
普段の練習だけでなく、

試合中にビビったときも、脳をポジティブに保つ
訓練が必要と言うわけです。

もちろん、あなたは何も悪くありません。

こんな専門的な話、ウィークエンドプレーヤーが
テニスをする環境では教えてもらえないですから。

ただ、問題はその先。

「そうか、脳を常に快状態
 にしておくトレーニングを積めば良いんだ。」

と、あなたは解決策を得て
ウキウキ気分となりましたか?

それとも…

「えっ?脳の訓練がいるの?
 やれるかなぁ…」

と、やることがわかったにもかかわらず、
少し憂鬱な気持ちになったでしょうか?

そう、そうなんです。

忙しいあなたには、
仕事もあれば家庭もある。

すると、世界トップ選手ほど
脳トレする時間などない。

トレーニングする時間が少なければ?
得られる効果は少ない。

となると…
「メンタルテクニック以外で、

 試合でビビったときに上手く打つ方法を
 探す必要がある」

これが現実的な意見となるわけです。

プロがビビった時に使う、特別なスイングとは?

photo

実のところ…
プロも試合中にビビります。

もちろんメンタルトレーニングを積むので、
ウィークエンドプレーヤーよりはタフです。

ですが、プロとて人間。

ビビりなしで試合を戦いつづける
ことはできないのです。

では、プロはビビったとき、
どうやって試合に勝とうとするのか?

秘密兵器…
ビビったとき専用ショットを使います。

そう、災害時に使う懐中電灯が
電池を使わなくても発光するように、

ビビったまま打ってもコートに入る
特別なスイングがあるのです。

ゴルフで考えると、わかりやすいでしょう

あなたは今、スコーンと爽快なドライバーを
練習で打っています。

そう、今日は年に一度の最重要イベント、
プロアマコンペ。

そして今年は…
なんと、あのタイガー・ウッズも参戦。

あろうことか、同じ組で回る幸運に。

当日は、朝から大緊張。
もちろん前日は一睡もできませんでした。

いよいよスタート時間です。
ティーグランドに立つあなた。

すると突然、ビビりが襲ってきます。

『やばっ、きっ、緊張してきた。
 どっ、どうしよう…

 ドライバーは得意だし、たくさん練習もしてきた。

 ただ、タイガーを目の前に
 最悪なショットを打つのは勘弁。』

と、半分パニック、半分は迷いながらも
ドライバーを打ったのです。

結果は?

長年、ゴルフを続けていても
記憶にないほどの大OBを

“ドッカーン”と打ったのです。

見ていたタイガー・ウッズは…

「ドンマイ、ドンマイ」
と口ではなぐさめてくれました。

が、目の奥に一瞬だけ、

「今日は大変な人とラウンドだな…」
との色が浮かんだのです。

あなたは、

「やばい、汚名返上しなければ…」
とばかりに慌ててドライバーを打ち、

今度は池のど真ん中にドッボォーン。

もう、何が何だか。
結局は、いきなりの8打スタートで、

その日一日を廃人として過ごすことを
自分で決定づけたのです。

この話は極論ですが…

本当はどうすれば良かったのか?

「あっ、脳の信号が変わった。
 練習の時と違う。

 これは、ドライバーで打つとミスる。
 よしっ、9番アイアンでいこう。」

と、目を丸くしてビックリする
タイガー・ウッズを尻目に、

自信満々で第一打を打つのです。

確かに、少し恥ずかしいかもしれません。
ただ、これなら2連続OBの8打は考えにくい。

もっと言えば、タイガーとの大切な一日を
嫌な感情で過ごす必要がないのです。

なぜ、9番アイアンなのか?
簡単な話です。

ドライバーより、絶対的に
インパクトしやすいからです。

そう、ビビったときは、

ゴルフであろうがテニスであろうが、
インパクトに特化したスイングに変更。

これがプロの鉄則です。

(メンタルトレーニングなしで
 うまく打つ、唯一の方法です。)

まるで別人のような評価を受ける

では、ビビり専用ショット=
インパクトに特化したスイング

を身につけると、
あなたはどのような大変身を遂げるのか?

打ち方がきわめて単純化される。
なので、

「スイングをコントロールできる」
という安心感が半端なくやってくる。

つまり…

「これなら試合でビビっても、

 相手コートに
 ボールをしっかりと入れられる。」

と、自信に満ちあふれた態度で
試合に向かえるようになる
のです。

その雰囲気は、周りであなたの試合を
見ている人達にも伝わります。

「彼は最近、自信を持って
 ボールを打っている。

 以前は試合になると、
 へっぴり腰スライスだったのに、

 今や世界トッププロと同じように
 スピンショットを打ち続けている。

 彼がこれほどまでに変わるとは
 まったく想像できなかった。」

と、まるで別人のような評価を受けるのです。

試合を支配する日が到来

あなたの対戦相手は…

ビビり専用ショット=
インパクトに特化したスイング

の存在を知りません。

すると今までのあなたと同じように
「練習通りに打てない…」

と悩みながら試合をします。

当然、打つボールはミスを恐れた
ヒョロヒョロ球ばかり。

で、すでに生まれ変わった
あなたはそのボールを見て、

「なんだこのヒョロヒョロ球は?

 よぉ~し、
 吹っ飛ばしてやる!」

と、一方的に攻めまくるのです。

当然、完勝。

「支配した!」という恍惚感が
自然と湧き上がります。

賞状、盾、トロフィーの山

photo

誰もがミスを多発する緊張する試合で、
あなた一人がミスを減らせば?

はい、試合結果が良くなります。

ランキングを争っているならグングンと上昇。

大会に出ているなら上位進出が増え、

賞状、盾、トロフィー、副賞をもらうことも
多くなるわけです。

それは、テニスプレーヤーにとり無上の喜び。
試合に出るなら、やはり勝った方が気分も良い。

しかも、練習時に近い打ち方で勝つので
究極の自信がつきます。

すると、テニスばかりか…
人生にも計り知れない好影響を与えます。

そう、「やればできる」という気持ちが、

仕事、勉強、人間関係さえも
良くしていくのです。

ユーチューバーの99%以上が…

今や、「猫も杓子もユーチューブ!」
というくらいの大人気。

「瞬間直し実践会」の会員さんも

「田中さん、この動画見ました?
 なかなかいいですよ。」

と教えてくれます。

ですが、ある時から報告が
変わりはじめました。

結局、ユーチューブの情報って、
 ベストオブベストの打ち方ばかり。

 理想論だけの
 現実離れした情報はもうたくさん!」

と、あれほど褒めたたえていた
ユーチューブ映像を

一刀両断に切り捨てたのです。

ただ、私(田中)からすれば当たり前。

ユーチューバーの99%以上が
テニスのプロではないからです。

厳しい試合で勝ったことのない
ユーチューバーが、

いくら教科書的な理論をふりかざしても、
しょせん机上の空論。

あなたも経験されたとおり…

「教科書的な打ち方だけでは、
 試合はできない。

 色々なボールが飛んでくるので、

 教科書的な打ち方だけで
 ミスをしないことなど不可能!」

という現実を味わうのです。

そもそも…

本物の上達情報を、15分かそこらの
ビデオでお伝えすることなどできません。

オープンスキル
(動き方や打ち方が一つではない)

スポーツであるテニスを
正確に教えようとすると…

それこそ一生涯かかるのが事実です。

しかも、試合でビビっても入るショットという
最高難度の上達情報ともなれば、

それだけで何百分もの映像が必要なことは
賢いあなたであれば語るまでもないでしょう。

試合中にビビってもミスをしなくなった方々の声

image
● ビビった試合でも躊躇なくフォアのスピンが打てた

いつも大変お世話になります、Kです。
DVDの満足度は200%です。

今回のDVDでよかった点は…
以前より“ホバる”フォアを打てるようになり、

ビビった試合でも躊躇なくフォアハンドの
スピンが打てるようになったことです。

体重が左に流れるパワーロスが治ったこと。

ひざの動きが大きいために
ミスしていたことがわかったことは

大きな収穫でした。

今は力強く打ってもアウトしないので、
試合をするのが楽しみでしょうがありません。
(K・K)

image
image
● テイクバックを変えたら過緊張時のミスが激減

相手のボールスピードに合わせて、
テイクバックしていることがわかりました。

すると、走らされた時や相手のショットが
変化したときにミスをするのです。

DVDの中のテイクバックは…
こんなんで本当にボールが飛ぶ?

という疑問さえ感じましたが、
試してみたらガッテン。

テイクバックを変えたら、
過緊張時のミスが激減したのには驚きました。(K・D)

image
image
● 悩み続けたフォアに光が差し込む

Lです。

今回のDVDは当方が悩み続けていた
試合中のフォアに光が差し、

やるべき方向性を示してくれるものでした。
大変感謝しております。

特に、身体の右側でスイングを
終わらせるメソッドはピタリとはまりました。

もう、迷いません。

サービスも、田中プロのアドバイスで
大手術を乗り越え進化できたこともあり、

後ろから前にボールを押す
30年前の打ち方から完全脱却することが、

実践会メソッドを使えばできることを確信しました。(L・L)

image
image
● これなら、緊張した試合でも間違いなく打てる

打点の位置、エネルギーの法則、
右肩の位置と、まさにスッキリとしました。

実は1~2週間前に、
今回のDVDの原形となる打ち方を発見。

なかなか再現性がなかったのですが、
DVDを見たら一気に再現性が高まりました。

DVDでは、たくさんのキモ的アドバイスを頂き、
今後の方向性が見えてきました。

これなら、緊張した試合でも間違いなく打てる。(K・S)

image
image
● 試合でストロークを打つのが楽しくなった

体幹を保ち打つと、良い球が
飛んでいくことはわかるのですが、

ビビった時でも打てる自信がなかった。

「○○〇〇を動かさない!」
「○○を使い、体が前に行くのを防ぐ!」

というアドバイスをDVDからもらい、
ビビったときの対処法を得ました。

おかげさまで、今では試合でストロークを打つのが
楽しくしてしかたがありません。(T・Y)

image
image
● なんだ、これ?安定した弾道で相手コートに入るぞ…

ボォッーと突っ立って、正面向きで、
ラケットを前にセットして…

ストロークの練習なのに、

ラケットはずっと自分の視界から
消えずに見えている。

ところが、そこから放たれたボールは
しっかりとしたスピンがかかり、

安定した弾道で相手コートに入る。

ラリー練習では、自分が打った
ボールとは思えないような、

夢のようなボールを連発して打てました。
(うれしい~)(K・O)

image
image
● 肩痛で打てなかったフォアが…

田中プロが素晴らしい技術、

テニスに対する強いこだわりを
持っていることは知っています。

今回も、その手腕がいかんなく発揮され、

打つときの体の向き、腕、肩の使い方まで
細かく言及。

すると、肩痛で打てなかったフォアが、
痛みもなく気持ちよく打てるようになりました。(S・H)

image
image
● 世界トッププロがおこなう基本中の基本

薄い当たりでスピン感覚をやしない、

最終的には厚い当たりとスピンを融合させる。

でも、薄い当たりを手出しでは打てても、
ラリーになるとどうしても厚い当たりに。

「これが、試合でビビる原因か!」
とハッと気がつきました。

薄い当たりでフルスイング。

まずは世界トッププロがおこなう
基本中の基本から身につけたいと思います。(Y・U)

image
image
● ビビリフォアさえマスターすれば強打も打てる

DVDでは…

「ビビリフォアさえマスターすれば、
 強打も原理は同じなので打てるようになる。」

田中プロは、元型との言葉は
使われなかったが、

ビビリフォアをマスターすれば
フェデラーフォアの元型につながる

私は解釈しました。(J・B)

image
image
● 明らかに違うボールの回転、飛びとなった

最近、自分ではよくなってきたかな?
と思って試合にでると…

やはり練習通りに打てない。

もちろん、練習とまったく同じ
レベルは求めていない。

でも、あまりにも試合になると乖離しすぎ。
これは、根本的に打ち方に問題があるせいだ。

DVDのメソッドで、
〇〇〇〇+腕の振りで飛ばすと、

明らかに違うボールの回転、飛びとなる。

購入して大正解。(満足度200%)(A・I)

image
image
● コーチがいなくてもうまくなれる

田中プロのメソッドのすばらしさは、
コーチがいなくてもうまくなれること。

今回のビビりフォアも、

素振り、セルフ球出し、壁打ちの
一人練習3点セットでマスターします。(Y・T)

image
※ 効果には個人差があることをご理解ください。

プロが“ビビった”ときに使うインパクトに特化したスイングの全貌とは?

■第180巻 「試合でビビっても入るフォアハンド!」

1.インパクトの前だけでボールを飛ばす
2.ラケットヘッドは横→上
3.フルオープンスタンスでラリー
4.成功するブーメランメソッド
5.ひとみコーチのアドバイス
6.ボールスピードに注意
7.10回素振り
8.膝をついてのサービス

なぜ、試合になるとビビって打てないのか?

それは、ビビったときの打ち方を
普段から練習していないからです。

(ベストショットの練習をする方が大半です。)

なぜ練習しないのか?
教える人が悪いのです。

「練習は試合のように、試合は練習のように」
とアドバイスをしながらも、

ビビったときに必要な打ち方は教えない。
(教えられないのが本当のところですが…)

これが諸悪の根源です。

そこで、このDVDでは、
試合でビビったときの打ち方を

「これでもか!」
というほど具体的にお伝えします。

ただし、注意してください

瞬間直し実践会の会員さんの多くが
「不朽の名作だ!」と言うこのDVDを見ると…

プロがビビって試合をするときは、
 ここまで面づくりに神経を注ぐのか…

 どおりで、どんな場面でも
 ボールが相手コートに入るはずだ。」

と、今までの概念を覆されます。

なので、ご覧になるときは、

「今まで見てきたDVDとは、
 一線を画すどころか、二線も三線も違うぞ!」

ということを念頭に置いてください。

(一番初めにこのDVDを見ることをお勧めします。)

■第143巻 「“奥”元型フォアハンド!」~安定と強打の秘密~

1.体幹を動かさず美しいスイングで打つ方法
2.ショットの安定感を抜群に高める30cm理論
3.プロゴルファーの“きる”動作で、完璧なユニットターンを入手
4.“ラケットダウン”で、限度一杯のスピードアップ
5.超上級者K会員のアングルリターンを「瞬間直し」

この巻で学ぶことは簡単です。
ですが、ものすごく奥が深い。

どれくらい深いかといえば…

体幹、股関節、スイングの
奥の奥までアクセスするくらい深い。

つまり、今まで触れたことのない
フォアハンドの深部に侵入。

打ち方を究極的に簡単かつ
きれいに仕上げます。

結果、どうなるのか?

安定と強打の両立した世界に
初めて到達することになります。

「瞬間直し実践会」の会員さんの中には、

「毎日、このDVDを見ています。
 インパクトがものすごく安定するので。」

と言う方が出るほどの凄腕DVD。

なので、
第180巻「試合でビビっても入るフォアハンド!」

とシンクロさせれば、まさに鬼に金棒。

魔法がかかったように
あなたのフォアハンドからは
ミスが減り、

「まさに未知との遭遇だ」

と口走るほどの衝撃を
受けることになるでしょう。

■第148巻 「“奥”元型バックハンド(片手、両手)」~安定と強打、両立の秘密~

1.スイングの誤解を解く
2.前のめりを避ける脇閉めスピネーションとは?
3.オーバーな体の回転を避ける方法!
4.スイングにターボエンジンをかける
5.アングルショットからの展開

試合でビビったときは、

バックハンドの方が相手コートに
ボールを入れやすい傾向にあります。

なぜか?

片手バックハンドでいえば、
ラケットを持つ肩がネット側にある。

すると、打点が前になりやすい。

(テニスは、打点が後ろになればなるほど、
 ミスしやすくなります。)

両手打ちバックハンドは
2本の手でラケットを持ちます。

そのため、面が安定する。

ということで、試合でビビったときには
フォアハンドより頼りになることが多いのです。

とはいえ…

やはり試合でビビれば、

バックハンドもミスが増加する
ことはまちがいありません。

なので、このDVDでは…

インパクトに特化したバックハンドの打ち方を伝授(片手&両手)

安定と強打を両立させたバックハンドを
あなたにマスターしてもらいます。

バックハンドは、元来は非日常的な動作。

ただ、
動作はシンプルなので

慣れれば簡単にマスターできます。

そのため、あなたがこのDVDを見て
勉強を重ねたあとなら、

「あれっ?いつの間にか
 バックハンドの方が得意になっている!」

と、大声を発しても決して驚きはしません。

■第166巻 「緊張場面でも入る、ホバリングストロークの秘密!」

1.ホバリングストロークとは?
2.ホバリングストロークを打つ方法
3.あなたの持ち球を知る
4.あたるコーチからのホバリングアドバイス
5.ホバリングを発生させるコツ
6.穴あき3年ものボール練習法
7.肩が前に出ないフォアボレーの矯正法

日本を代表する理論物理学者、
松尾衛氏は言います。

「プロのショットは、

 ボールがガットにくっついてから
 飛び出しているように見える。

 その状況は、プロペラをガンガンにまわし
 空中で静止するヘリコプターに似ている。

 つまり…

 ボールがガットにくっつく=
 空中で静止するヘリコプター=

photo
中国科学院大学
カブリ理論科学研究所
准教授 松尾 衛氏

 ホバリングというわけです。」

もちろん…
ホバリング現象は目の錯覚です。

あなたも知るように、
インパクトの瞬間は1000分の3~7秒。

なので、ボールがガットにくっつく
時間はないのです。

では…

日本を代表する理論物理学者は、ウソをついているのか?

いいえ。
実はインパクトの瞬間…

ボールの威力にちょっとだけ
ラケット面が負ける現象
を、

「ボールがガットにくっついている」

と我々の目は錯覚するのです。

バレーボールの名セッターも
トスを上げるとき、

一瞬、ボールが手のひらに
くっつくように見えますよね。

あれもホバリング。

ボールの威力にすこしだけ
手のひらが負ける。

すると、究極的にボールコントールが
良くなるのです。

つまり…

どんな球技であろうが
ホバリングをできる人のみ、

試合中にビビっても
ミスなく打つことができるのです。

そして今こそ…

あなたもプロが使うホバリングを
マスターする時期なのです。

そのために作ったDVDが、

「緊張場面でも入る、
 ホバリングストロークの秘密!」

だからです。

エントリー代のムダ使いをいつまで続けますか?

仮に、あなたが、1年に5試合を戦うとします。

試合にもよりますが、大体4,000円くらいが
エントリー代。

すると、年間約2万円の支払いです。

それを5年間、続けたら?
10万円。

10年つづけたら…
20万円。

30年だと60万になります。

もちろん、それであなたの望む結果が
出ているなら問題ないでしょう。

ですが…

「払うだけ払い、
 欲しい結果がまったく手に入らない」

なら大問題。

「試合にエントリーするたびに、
 損失を膨らませていだけ」

となるからです。

では反対に。

試合に勝てるようになると、
エントリー代はどうなのるか?

ハワイへご招待

photo

試合に勝つと、さまざま副賞がもらえます。

優勝となると、ハワイやグアム旅行
温泉ご招待などもあります。

さらには、ラケット、シューズ、ガットなど。

エントリー代以上の副賞を
もらうことも多くなります。

ただ、それより何より…

自尊心、誇り、自信が手に入る。

結果、今までとはまったく違うテニス人生を
歩むことになる

こちらの方が、真のご褒美ではないでしょうか。

そんなご褒美を
手に入れるために欠かせない…

「試合でビビっても入るストローク!」(DVD4本)
は、32,000(税別、送料弊社負担)です。

試合でビビっても入るストローク!

  • “今すぐ、このボタンを押して購入する 一般用
  • “今すぐ、このボタンを押して購入する テニス上達塾 塾生専用

全額返金保証つき

「どんなことがあっても
 あなたに損だけはさせない」

これが私(田中)のポリシーです。

なので…
『田中さん。

 「試合でビビっても入るストローク!」
 を何度も見て、一生懸命に勉強しました。

 がんばって実践も繰り返しました。
 ですが、以前とまったく変わりません。』

とあなたがおっしゃるなら、

ご購入日から365日以内であれば
全額の返金をお約束します。

正直なところ…

あなたのストロークが
変わらないことはありえません。

なぜなら、変わらないことが不可能なほど
あなたのスイングはコンパクトになるからです。

さて、これであなたのリスクは
試さないことだけです。

全額返金保証&

プロが“ビビった”ときに使う
インパクトに特化したスイングが

手にはいるのです。

今すぐ、お申し込みください。

試合でビビっても入るストローク!

  • “今すぐ、このボタンを押して購入する 一般用
  • “今すぐ、このボタンを押して購入する テニス上達塾 塾生専用

追伸1:それでも買わないと決めたあなたへ

賢明です。
自分の考えは尊重するに限ります。

(私(田中)も人にどれだけ推されても、
 「必要ない!」と思えば買わないタイプなので、

 あなたの気持ちはよく理解できます。)

同時に。

「必要ない!」by田中
と判断したことで、

取り返しのつかない事件にも巻き込まれました。

代表的な失敗例は、弁護士先生を使わずに
上場企業との契約をおこなったこと。

「上場企業だから、変なことはないだろう…」
との憶測で100万円超をむしり取られました。

(後から顧問弁護士に相談しましたが、

 契約書の中に「損しても自己責任ですよ」
 の一文が入れられており、

 法律的にもなすすべがありませんでした。)

だからこそ、わかったことがあります。

「必要ない!」
は、自分の勝手な思い込みにすぎない。

本当は必要なのに、自分で勝手に判断。
結果、思わぬ大損をするのです。

(なので、100万円を損して以降は…

 何も事件がなくても毎月、弁護士先生に
 顧問料をお支払いしつづけています。(21年間))

そなえあれば憂いなし

この言葉は本当です。
なので、ここは正直に言います。

あなたが試合になるとミスするのは、

間違った思い込みと間違った練習を
信じこまされている
からです。

言葉は悪いですが、
悪徳宗教にはまった信者のよう。

あなたが本来に持つすごい才能を、
花が咲かない方向に使われているのです。

いわば、栄養分のない土の中に
タネ(あなた)をまかれた状態。

あなたは栄養分のない中、
自分の力だけでがんばって芽を出します。

そして、地上に出たら、またもや愕然。
なんと、そこは陽の当らない場所だったのです。

当然、水もありません。

がんばってきたあなた(タネ)も、
とうとうジ・エンド。

いくら才能豊かなタネ(あなた)でも、
太陽と水がなければ死に絶えます。

そう、あなたは知らず知らずのうちに…

宝の持ち腐れ

にされているのです。

ですが、
「捨てる神あれば、拾う神あり!」

間違った思い込みと間違った練習法さえ変えれば、
もともと力強い生命力をもつあなた(タネ)は、

一気に大輪の花を咲かすことができます。

今度の土は栄養分がタップリ。
芽をだせば、サンサンと光り輝く太陽と、

山から湧き出たきれいな岩清水を
好きなだけ飲める環境です。

そう、あなたは生まれ変わることができるのです。

ここまでのお話を信じようが信じまいが、
それはあなたの手にゆだねられています。

私が悪徳上場企業なら、あなたはダマされます。

私があなたの顧問弁護士なら、
あなたは守られます。

決めるのはあなた。
あなたの強い決断にかかっています。

私の肩書きを知るあなたですから…

私を信用し私に任せてくだされば
これほどうれしいことはありません。

試合でビビっても入るストローク!

  • “今すぐ、このボタンを押して購入する 一般用
  • “今すぐ、このボタンを押して購入する テニス上達塾 塾生専用
PAGETOP